{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

松村正直第一歌集『駅へ[新装版]』

¥1,650 税込

送料についてはこちら

松村正直の第一歌集『駅へ』の新装版。 二十代後半に詠まれた歌415首が収められています。 2001年刊行の旧版は長らく品切れが続いていましたが、20年ぶりに待望の復刊です。 B6判ソフトカバー184頁1,500円+税 ISBN978-4-991187-0-0 (電子書籍版はAmazonから購入できます) <自選短歌5首> フリーターですと答えてしばらくの間相手の反応を見る 抜かれても雲は車を追いかけない雲には雲のやり方がある 悪くない 置き忘れたらそれきりのビニール傘とぼくの関係 それ以上言わない人とそれ以上聞かない僕に静かに雪は あなたとは遠くの場所を指す言葉ゆうぐれ赤い鳥居を渡る 著者略歴 松村正直(まつむら まさなお) 1970年東京都生まれ。 歌集に『風のおとうと』(六花書林、2017年)、『紫のひと』(短歌研究社、2019年)など、歌書に『樺太を訪れた歌人たち』(ながらみ書房、2016年)、『戦争の歌』(笠間書院、2018年)などがある。 ブログ「やさしい鮫日記」https://matsutanka.seesaa.net/ Twitter ID: @masanao1970 ※松村正直『駅へ』復刊記念トークイベント録画|2021年3月27日(土) https://youtu.be/E8QcAIAp6bU

セール中のアイテム